アルコール摂取が与える悪影響

ついつい仕事終わりにお酒を買って晩酌する人は、やっぱり日々の唯一の楽しみだからええやんかという思いで続けていることと思います。

酒は百薬の長とよく言われますが、やはり毒である一面を忘れてはならないのではないかと最近感じた為、今回はアルコールの是非に関して持論を述べてみようと思います。

まず、アルコールのもたらす良い点を2つ挙げます。

1.ストレス解消

ここ約半年程度お酒を飲まない日は恐らく1日も無かったと思います。

元々大学時代からお酒は好きな方でしたが、この1年来極度のストレスもあり、

自分でいうのもなんですが完全なアル中に陥っていると自覚しています。


お酒を飲む人のかなりの理由はストレス解消ではないのではと思います。

先にも述べましたが、今年の3月以降つまり日本に帰国してからの約10か月は

社内外のあらゆるストレスに苛まれ、アルコール量は凄まじいものでした。


平日は500ml缶x2、ワイン1本(900ml)を飲み干し、週末は土曜の昼から

焼酎1升を飲み始め、日曜の昼には飲み干し、また別の酒やら食材を買いに行く

生活…。ちなみに晩年には平日すらワインを2本飲んでいました…。

とりわけ日曜は午後から好きなテレビ番組があるので、それを観ながら

飲み続けるのがとても幸せの時間ではありましたし、ストレス解消でした。


今思い返してもよく体が壊れることなく今があるなとつくづく感じます。

ストレスから解放された今は以前程酒を欲する事が無くなりましたので、

これから少しずつまともな量に戻していけるだろうと踏んでいます。


2.睡眠の質

逆説的にはなるのですが、僕の場合酒を飲む方が睡眠の質が良いようです。

一昨日10か月ぶり位に飲酒せずに寝たのですが、翌日睡魔に襲われました。

勿論一般的には酒に頼らずに眠れるのがベストであるのですが、

現代のように様々なストレスが存在する中で多少の寝酒で快適な睡眠を

保てるのならば、アルコールを頼ることは悪くないのではと思っています。

(私のような飲み方は決してお勧めしませんが…。)


とはいえ、やはりアルコールにはデメリットの方が多いと考えます。

1.体調、精神面に積み重なる支障

やはり、ここ最近身体面では体のだるさを常に感じて生活していました。

一昨日1日飲まなかっただけで体が軽かったです。

あとは、僕の場合は飲む=食べる量が明らかに増えてしまう為、

65kg位がアベレージだったのが2019年1月現在で70kgを超えてしまいました。

ランニングの頻度も減ってしまっているのも要因の一つではあるのですが、

まぁ体にはものすごく悪い生活をしていきていたことは間違いないでしょう。


精神面でもお酒を飲み続けるとなんとなくネガティブな考え方になりがちで、

ちょっとしたことでイラっとしたり感情的になってしまいます。

飲んでいる時はストレス解消をしているのに、翌日になるとそれが悪影響に

なってしまうのを考えると、根本的にお酒とは何たるかを憂いてしまいます。

2.目つき、顔つき、顔の色

1の体調面にも大きく関係するのですが、酒を飲み続けると顔のむくみやら

シワやら目ヤニやらが明らかに増加していました。特に深酒をしていた週明けは

顔がくしゃくしゃで誰やねんこいつって目つきでしたし、顔も赤黒かったです。

それが一昨日1日飲まなかっただけで殆ど元通りになったのには驚きました。

今年で36歳になりますが、丈夫な体に生んでくれた母に感謝すると共に、

今後はもっと体をいたわって生活をしていかなくてはと思っています。

3.金銭面、時間の無駄

やっぱりお金が一番大きいですよね。

発泡酒500mlx2本で約300円、ワイン1本500円、焼酎一升1500円程度ですが、

ざっと計算しても1か月で20,000円は軽く超えてしまっていました…。

このお金を貯金していればよっぽど有意義な使い方ができていただろうにと

憂いても今更何の意味もありませんので、これから変えていきたいと思います。


あと、Time is moneyであることも本当に痛感しています。

お酒を飲んでいる間はテレビを観るかラジオを聴きながら読書したりしますが、

ほとんど頭に残っていない…。ほんまに時間の無駄でした、はい…。

人とお酒を飲むことは親交を深める意味で価値がありますが、

1人で飲むのは限りなく意味がない、タバコのような存在と思い至っています。


編集後記:今週から新しい生活を始めていますが、ランニングを1日おきに

するようになって既に痩せ始めたのが分かります。

食べる量も減っていることもあるのでしょうが、生活習慣を変える為には

本当に生き方そのものを変えてしまうのが一番手っ取り早いと体感していて、

とりあえず春先までには65kg周辺まで戻したいと思います!