悪徳企業 ソフトバンク

世の中には様々な企業がありますが、人を騙し入れる企業が存在するのも事実です。 ソフトバンクという携帯会社は間違いなく顧客サービスがワーストの部類だと断言できます。 以前カードの支払い明細、きちんと見てますかで ホワイトプランに端を発する不明瞭な請求に関してやり合った経緯を書きました。 ですので、細かい経緯はここでは端折ります。   今でも覚えていますが、その当時のオペレーターが「今後一切の請求はありませんので 請求書が届いても破棄してください。」と言う話だったこともあり、 その後数回請求書が届きましたが、既に回線も変えていて他に支払う物は何もないと思って捨てていました。 そして今日、変な紙が一枚届きました。     「催告書」と書かれており、内容は物騒なことが書かれています。 見た瞬間でまだあの件が残っていたんだなと察した為、紙にある担当窓口ではなく、 0800-919-0157のオペレーターへ電話をしました。 担当に調べさせたところ、元々5000円なにがし過払いしている+端末代3000円の合計額の請求であり、 今まで請求書を送っても払われなかったのでこの紙が送られたのだと言い出します。   「元々5000円なにがし過払いしている」の部分は今年の3月分と5月分のホワイトプランの残額のようで、 なぜその2か月分なのかという説明は一切なく、とにかく支払いが滞っているのだから早く払えという言い回し。 笑えるのが、こちらがその内訳の理由を確認しようと質問すると、「今からこちらがする説明を聞けば分かる」と 上から目線で言う割にはただ単に数字を並べるだけで、全く内容不明な事を宣う始末。 ただ、そもそもの経緯があるだけに頭に来たので、「前回の電話の時点で今後請求は一切ないと言われていた」点を突きますが、 「それは少し説明不足だった」というだけで悪びれる様子もなし。   本当なら前回のオペレーターを窓口に出させようかと思ったものの、仕事も溜まっていたのともう馬鹿馬鹿しくなったので、 「もうこれ以上請求は無いですね?これを支払えば御社と完全に手が切れるということで良いですね?」と念を押して確認し、 電話を切って、即座にオンラインで支払いを済ませました。痛い出費ですが…泣   全ての企業がこんな風にわざと不明確な仕組みを作って国民を欺いているとは思いません。 ただ一つ言えることは、CMやウェブサイトで人気がある企業はイコール広告費にお金を掛けられる資金が多いわけで、 その資金は我々国民からむしり取っていると言う事でしょう。 約10年ソフトバンクを使ってきて最後の最後がこのざまかと思うと虚しくなりますが、 今後同じ失敗をしないようにリスクリテラシーを高めるべく一つ一つの情報を精査していこうと思っています。   言うまでもありませんが、二度とソフトバンクの商品は使いませんし、球団も一切応援しません!   2017.2.21 追記 最近読み進めているとある本で衝撃的な内容がありました。     約800億純利益を稼ぎ出す同社の法人税額はなんと、500万円という事実。 法人税率は0.0006%に相当するとのこと。 どういうカラクリでこのようなふざけた状況が起きているのか不明ですが、 少なくともソフトバンクは悪徳企業であるという事実を更に露呈した事には間違いないと思います!