健康=食事+運動~誤解を正す~①

ここ数年来、「食」の問題が当たり前のように話題になっています。

僕達の頭の中は「あぁ、またか。」なんて反応すら覚えてしまうほどです。

ものすごく穿った言い方をすれば、話題になるだけまだマシと言えると思います。

実際には食品偽装が起きていることを知らずに食べている現実も恐らくあるでしょう。さて、今回のテーマはこの「食」に関する根幹的な面に関してお話していきたいと思います。

僕自身、去年の中頃から「健康」というテーマに則って色々情報収集ならびに実践をしてきました。例えばランニングの継続化だったり、出来る限り自分で料理をする等です。更に、2つの資格と1つの研修にも参加しました。

 

・ファスティングマイスター初級

・ランナーズマイスター

・就農支援塾短期研修

 

まずファスティングというのは、日本語に置き換えると「断食」を意味します。つまり、定期的に断食をして体の老廃物を出して健康になるということを意図しています。僕自身、元々朝ご飯をあまり食べるほうではなかったのでそれ程抵抗感は無かったですが、昔の人からすると全く食べない期間だったり朝食を抜くなんて行為は可笑しいという感覚だろうと思います。けれど、非常に理にかなっている理論(後述します)なわけで、現在も僕はほぼ朝食に固形物は食べていません。(後述)

次にランナーズマイスター。と言っても大して知識は身についていません笑 ただ将来的にはジョギングクラブなんてのを立ち上げても面白いと思っていて、それには理論も当然必要なわけなので今後も知識を増やしていくためのきっかけ作りといったところでしょうか。

そして最後の研修ですが、先月頭に1週間の間地元近くの農業大学校にて農業の研修を受けました。1週間で学べることは勿論限界はありますが、例えば肥料の使い方だったり農薬の可否等素人が1人で行っていては得られない知識だったりノウハウを学ぶことができました。

僕達が日々食べる野菜を中心とした食物と定期的な運動、この2つこそ人が生活していく上で何より重視しなければならないことだと心から感じています。

さて、そんな中でクイズを出します。

Q1. 朝昼夜。食べないならどれが一番適切?

Q2. 野菜ジュースと野菜+ヨーグルトジュース。体により良いのは?

Q3. タンパク質を摂取するためだったら肉を食べる?野菜を食べる?

では、Q1から説明していきますが、答えは朝です。まぁ、これは予想がついた方も多いと思います。その理由としては、朝は一般的に排泄の時間であるからです。前日夜に食べた食事を睡眠中に消化し、そして朝排泄することが体に一番合っているわけです。もっというと排泄する時間を朝に設ける必要があるということ。僕たちは子供のころから朝はしっかり食べるという教育を受けてきましたが、それは違っていたという事になります。

Q2の答えは野菜ジュースだけの場合です。この理由は話せば長くなるのでここでは簡略しますが、要するにヨーグルトというのが必ずしも体に良いものではないことが一つの理由です。更に、食べ合わせという面で野菜とヨーグルトが混ざると体の中で腐敗し、却って体に悪影響を引き起こしてしまいます。つまり、人間の体は複数の種類の栄養分を同時に摂ることができない仕組みになっているわけです。

最後のQ3。答えは野菜です。えっ?と思われた方が多いと思います。ではタンパク質を分解すると何になるでしょうか?アミノ酸です。アミノ酸は野菜に豊富に含まれてていて、肉や魚を食べて得られるよりもよっぽど効率的にアミノ酸を吸収できます。勿論、肉や魚にも豊富に含まれてはいますが、それの引換に水銀や化学物質も一緒に摂取してしまう可能性が高く、リスクもあるわけです。

今回僕が引用したフィットフォーライフという書籍は、ここ数か月で読んだ50冊とは比べ物にならない程の衝撃を与えてくれています。僕自身、断食や野菜ジュースはたまた断糖等の知識を踏まえた上でなので、とても合点がいっています。

次回もこの書籍を通じて食と運動を踏まえた健康に関してお話ししようと思います。

気に入った一文を最後に。「人々が肉や魚を食べる理由。一つは習慣と条件付けである。」つまり、食べる必要がないってことですね笑