広州出張⑥スピンオフ~まとめ情報~

久々にほぼ毎日のブログを約1週間続けてきましたが、 今回はそのまとめ+お得情報に関して述べてみようと思います。 まず初めにそれぞれの駅と問屋街を紐づけしてみることにします。   1 雑貨、インテリア関係 万菱広場 海珠広場駅 2 女性用アパレル 天馬女人街 広州火車駅 3 スマホ用アクセサリー 広州電子城 文化公園地鉄 4 あらゆる生地 広州中大生地市場 中大駅 5 ランニンググッズ 天河区体育中心 三元里駅 6 エログッズ 広東成人用品 広州火車駅 7 革関係 三元里駅   全て日本語表記で書きましたが、一応検索には引っかかります。 後にも書きますが広州の地下鉄は利便性が高いので効率よく回れば 1日で全て「訪れる」事は可能です。※中を全部見てたら1週間は掛かりますのであしからず。   では続いてお得情報に関して書いていきたいと思います。  
1. 検索サイトはBaidu(百度)を利用!
  VPNを持ち合わせていれば気にすることは一応無いのですが、 スタバとかの無料wifiや日本から持っていったpocket wifiを使用する場合、 Google関係やFacebookは全く閲覧することができません。 唯一Yahoo japanは閲覧できますが、yahooから別サイトを見ることはできません。 じゃあ、いざ何か調べ物をしたいと思った時にどうするか。 中国でダントツの検索サイトである百度(baidu)を利用してください! 勿論、中国サイトなので希望通りの内容が出るかはわかりませんが、 最低限何かを調べものするには使用する価値はあります。 因みに、前述の通りGoogleからBaiduを検索しても開きません。 代わりにFirefoxからbaidu.comと入力すればbaiduのページが開きます。  
2. 地下鉄多用こそが広州を制する鍵!
  今回の出張の後半2日はひたすら地下鉄を利用しました。 最初のまとめにも書いたように、それぞれの市場がそれぞれの駅に寄せ集まっているので、 1つが済んだらまた地下鉄のに乗ってまた別の駅に降りることを繰り返しました。 個人的にイイネと思った点が2つあって、1つは圧倒的に安価な価格設定。 例えば7~8駅、40分位乗っても5元(100円)以下でした。 もう1つは、止まる駅の先々で乗る人も多いですが降りる人も同じ位いて、 例えば日本のラッシュ時ように気が狂う程混むことは一度もありませんでした。   一方で問題点もあって、1つは乗降時のマナーの悪さ。 まず日本のように降りる人を待って乗るような人は殆どいないことは仕方ないにしても 例えば反対側のドアが開いた場合に降りようとしても空けてくれるようなことは無く、 かなり力をいれて吹っ飛ばす覚悟で突き進む必要があります。 もう1つは切符を買う際の煩わしさです。 そもそも券売機は5元か10元しか使えないので例えば3元払いたくて1元札を使おうとしても×で、 不足しがちな5,10元を作るためにいちいちコンビニで金を崩さないといけない場合が出てきます。 まぁ、外はクソ熱いので喉の潤しがてら水やら買うことにはなるんですけどね。 あと、ぼろぼろの札は受け付けないのでご注意ください…。  
3. 日本食は安いどころか寧ろ高い!
  食事の半分は中華料理でしたが、日本のチェーン店も気楽に立ち寄れました。 勿論味は十分満足できますが、値段設定が明らかに高めにしています。 ラーメン店にしても丼店にしてもライバルが少ないことがそうさせるのでしょうが、 最近の中国の人も食事にここまでお金を掛けるんだなあぁとちょっとびっくりしました。 ただせっかくの旅行ですので本場の中華料理を積極的に試す事をお勧めします。  
4. 年中クソ熱く突然のスコール有
  初めて広州へ旅行した時は10月、去年は6月、今年は9月でしたが どの時期も常に暑さが付きまとってきました。 唯一5~6月ごろは雨期なので多少涼しいようですが、 それを除くと日本の夏~真夏が1年中続くような気候ですので 例えば日本の冬の時期に旅行する場合、出発時と到着時で まるで服装を変えないと気が狂ってしまうのでご留意ください。 あと雨期以外でも朝や夕方でスコールが降る事が結構多いので 雨に濡れるのが苦手な人は常に折り畳み傘を携帯することをお勧めします。  
5. 繁忙期と閑散期、要注意!
  広州は広州交易会という世界でも有数の展示会が年に数回開かれます。 5月中旬と10月末だったかと思いますが、この時期のホテル料金は10倍程度になるようです。 今回も当初は10月頃を予定していたのですが、急遽変更した経緯があります。 あと、中国は旧正月と国慶節という1週間程度の長期休暇があるので この時期に行っても希望するようなサービスを受けられない可能性があります。 逆に空いてていいやん!という人には向いているのかもしれませんが笑   さて、あっという間の5泊6日の広州旅行の旅でしたが、 自らの至らなさを痛感する良い契機となりました。 楽な方楽な方に逃げがちな性格ですが、今後いっぱしの経営者として成り上がるには 何段ものレベルアップが必須となるので頑張っていきたいと思います。 最後に、The中国と言える写真で締めくくりたいと思います。     100年後も絶対あるだろうな、こういうの。                                                                                                                
1. 検索サイトはBaidu(百度)を利用!
  2  
2. 5元、10元札を多めに持って地下鉄を駆使!
  3  
3. 日本食(特にラーメン)はお高いので要注意!
  4  
4. 年中蒸し暑い+スコール要注意
  5  
5. KTV等でばか馬鹿騒ぎするような品性0はアウト!