手数料を払わずにATMを使い倒す方法~UFJ編~

個人事業主という職業柄、複数の口座で支払いや売上金の入金がされることもあって、 (特に資金繰りが未だに厳しい現状では)ある口座から別の口座に金を移すことが 必要になることが多々あります。 更に、僕のような本州の最西の県に住んでいる田舎者は メインバンクのATMが殆ど無いこともあり、どうしてもコンビニのATMやイオン銀行等を 利用しなくてはならないわけですが、そんな時にポイントとなるのが   「ATM手数料を抑える、あるいは払わないようにする。」   因みに僕がメインで使っているのは三菱東京UFJ銀行で、 上京している時に当時の東京三菱銀行の吉祥寺支店で作成したので かれこれ約15年使っていることになります。 当時から使い勝手は良かったですが、UFJとの合併後に支店やATMの設置数が増大したので 時間的にも手数料に関しても入出金や送金に悩む事なんて皆無だったように記憶しています。   ただ、地元に戻ってきてからは、メインバンクは少し困ることが多いです。 僕の住む下松市には支店はおろかATMも存在しませんが、たまたま隣の市に支店があるものの 例えば他行へ送金する為にいちいち車を走らせて行くのは極めて非効率です。 かといって地場銀行をメインバンクにすると、今度は他行に送金する時に ほぼほぼ手数料が掛かってしまうことになります。   そこで自分なりに調べた結果、以下のようになりました!   No.1 イオン銀行   No.2 JA   No.3 セブン銀行他コンビニATM   まず、イオン銀行の一番のメリットは、イオン系の店舗は大抵どこにでもある事。 僕の周りはマックスバリュやビッグが各所にあって、ATMも必ず設置されています。 で、肝心の手数料は以下の表の通りです。 日中の時間帯は入出金は無料で、それ以外の時間も108円と良心的ですよね。     次にJA。マニアックですが、JAも意外と使い勝手が良いです。   イオン銀行と殆ど同じなのですが、唯一異なる点は開店時間が短いという事位でしょう 場所によって違うのでしょうが、せいぜい19時とか20時で閉まる店舗が多いのかと思います。 あとそれ以上に、1km先からでも場所を確認できるイオン系店舗と違って、 JAの場合は突然「あ、こんなとこにあるの?」みたいなこともあったり、 JAの店舗の中にはATMが無い所もある等も少々具合が悪い所が大きいかと思います。 とはいえ、いちいちイオンに入って人込みかき分けるよりも、 空いているJAの方が何かと狙い目な部分はあったりするかもしれません笑   さて、最後にコンビニATM。これもまた画像をご覧ください。   何となく見づらいですが、一言でいうとメインバンクのステージによるということです。 詳しくはUFJのサイトを参照してほしいですが、上記の条件にそぐわないと手数料が発生してしまいます。 土日祝はお金を下ろすだけで216円の手数料なんてたまったものではないですよね…。   さて、送金に関しては触れていませんでしたが、これはどうしても掛かってしまいます。 でも、三菱東京ダイレクト(ネットバンク)を駆使することで乗り切ることが出来ます! つまり、他行でお金を下ろす→そのお金をイオン銀行等に預け入れ→最後にダイレクトで送金。 この流れが手数料を払わないベターな方法だと個人的には思っています。 今後も他の銀行も調べていきますのでまた更新しますのでお楽しみに。   編集後記: 唯一の欠点があるとすると、田舎は車が無いと中々移動できません。 今日のように雨が降っているとさすがにチャリンコはちょっと厳しい。 とすると、   車を使う=ガソリンを消費する→手数料より高くつく?   これって、安さを求めるがあまりに、車を走らせてスーパーを廻り歩くのと同じですね…。