2017年の目標設定~観光業への戦略~

昨日は全国的に異様に暖かい1日でしたが、 今日はその反動か10度近く気温が下がっています。 例年と比べればそれでもまだ暖かいんだろうとは思いますが、 何より前日との気温の落差が激しいのが一番堪えますよね。 何度も書いていますが、僕は冬がとにかく嫌いな季節で、 冬が無いなら無いで全然困らないと断言できます。 とはいえ、日本に住んでいる以上は受け止めなければ仕方ないわけで、 日中はカフェか大型施設で仕事をする頻度を飛躍的に増やしています。 何故かって?家で仕事をすると灯油代やら電気代が急激に上がるからです。 事実、夜以外家に居ないにも関わらず先月の電気代が1500円も上がってました泣   そんなことはさておき、皆さんは2017年に向けて何かプランはありますか? 大掃除に追われてそれどころじゃないという方も多くおられるかと思います。 ですが、今まさにこの時期に来年の目標設定をすることはとても大切だと僕は考えています。 それは、目標設定をする上で、まず大きめ(長期的)なそれをまず設定して、 そこから細切れにして日々のTo doリストに落とし込むことが理想的で、 まさに一年の節目という点では区切りとしてベストタイミングであるからです。   例えば、「来年中にTOEICで900点を取る」という目標を立てるとして、 それをどのように実行していくかを考えて、 ○月○日の試験日にそれを達成すると決めたら、 後は何か月でどのような学習をする必要があるだろうと、 更に1か月ではここまでやろう、1週間ではここまでだと 細かく細かくしていくとやるべきことが非常に明確になります。 ただ、個人的に1つ注意した方が良いと思う事があって、 1日ベースではあまりタイトな内容にしない方が良いということです。 言い換えれば、例えば数日間計画通りに進まなかったとしても それを軌道修正できるように1週間区切りでプランを練るべきということです。 1か月で区切ると長すぎますし、数日だと少し日が足りないのと切りが悪い気がします。 1年間365日、いや1か月ですら全て計画通りに行くことなんて不可能なので、 翌週の目標計画を作る際にはどこかしらで帳尻が合うように(というと言葉が悪いかもですが) 余裕を持たせて置くことが長い目で見た時に重要になるだろうと感じます。   かくいう僕は、来年の一番の目標は観光業の経験値を高めるという事です。 人一倍地元愛が強い(と勝手に思っている)僕は、特殊な立場にいる都合上、 現時点で地元で行われているイベントには疑問を感じる事が多々あります。 一言でいうと、単なる内輪で楽しんで終わりという内容しか存在しないのです。 勿論、地元住民で盛り上がる事はとても大切なことであることは間違いないです。   ただ、昔と今は全く違っていることを押さえないといけない。 要は、高齢化と少子化が進む最中で昔と同じようにイベントをしたところで それがその街の財政なり文化に何か寄与するかというと僕は怪しいと思います。 そうではなく、外部からどれだけ人を呼べるかと言う点に着目していかなければならないわけで、 先日から市の観光関係の方々とミーティングをさせて頂いているのですが、 実際のところ例えばDMO(官民一体となった観光地域づくり)はまさにこれからという所。   丁度興味深い話があるのですが、山口県主催のDMOセミナーへ参加させて頂いた際、 講演者の方が言われるのには、「観光業に力を入れることは地域住民には嫌がられる。」のだと。 それを払拭するために観光が地域にもたらす効果を示し、ひいては外部評価でみんなが喜ぶ、 言葉を変えれば、自尊心をくすぶられるような好循環を作り上げる必要があるとのことでした。   つまるところ、典型的な観光地であるような沖縄や北海道はさておき、 目立って観光資源も無いような場所は、観光してもらえるような施設を作る事と同時に 地域住民の賛同を得る事も重要なのだろうと感じ取ったわけです。   加えて言うと、講演者の方は「星空ナイトツアー」を軸に 住民6500人の阿智村へ10万人もの観光客を呼び込んだチームの代表格の方で、 以下のようなことを言われていました。(一部重なりますが。)   ・小さな成功をいくつも重ねる。←大きな挑戦ではなく少しずつ。 ・「観光」が地域にもたらす成果を示す。←観光事業に対するマイナスイメージを減らす。 ・外部評価の重要性←住民の自尊心をくすぐる。 ・コアな客ではなく万人受けするような集客←ブームではなく文化として根付かせる為。   大変説得力のある内容で、僕の地域にも落とし込めることは沢山あるなとも思いました。 1人でできることなんてちっぽけな事ではありますが、 一意見として提言することはできるので、関係者に積極的に働き掛けていこうと思っており、 2017年中にはどのような形であれ観光業のプロジェクトを立ち上げられるような立場に 携われればとプランを練っているところです。   簡単には進まない道だとは分かっていますが、幸いにも伝達する伝手(コネ)があるので、 そのコネが残っている内に軌跡を必ず残せればと思っています。 市役所のような官でもなく、商工会議所のような組織の人間でもない 一住民としてのライトな考え方を俎上に載せることに対するモチベーションに燃えている次第です。   編集後記: 今日は今年最後のレース、10kmの大会へ参加してきました。 この3週間位ずっと体調不良でろくに走れていないことを言い訳にしたくなくて 一所懸命走りましたが、結果は…、去年より1分40秒も遅いタイムという惨敗でした。 10kmで約100秒遅いってとても恐ろしいことで、 1kmに換算すると10秒。ラップで10秒遅いとかホンマゴミです、はい。 どうやったらここまで劣化してしまうのか恐ろしさすら覚えています…。 来年1週目にはハーフの大会をぶち込んでしまったので、 少しは改善できるようにこの年末年始も走りこまなくてはやばすぎる…。 とはいえ、これから部屋で一人酒をすることには変わりはありませんがね。 (明日も明後日も。いわゆるクリぼっちというやつですはい、かれこれ10年…)