Give! Give! Give!

前回のブログ、完全に泥酔の勢いに任せて書いてしまいましたが、 読み返して恥ずかしくなりました。

が、あれが僕の半生であり真実ですので、それは変わることはありません。

今回は前回の補足がてら、また昼間から呑みながら(ハーフ走ったからええねん【後述】)書きたいと思います。  

 

タイトルから触れたいと思いますが、同義語でこういう言葉を聞いたことはあると思います。   「与えよ、さらば与えられん」  

 

つまり、自分から周りに何か為になることを与える事によってそれがいつかきっと周りから返ってくるということ。

僕はこの表現が好きで、「情けは人の為ならず」を一生涯の目標として生きているつもりです。

「つもり」と書いたのは、前回のブログの通り僕は他者に対して人一倍警戒心があって、 ものすごく相手と相性が良いとその人に対して全力で頑張ろうと思う反面、

そうでない相手には恐ろしい程冷たく切ってしまう傾向があります。

こういう性格に問題がある事は自覚していますが、なかなか過去のトラウマを乗り越えるのは難しい、そう思っています。  

 

で、今回の本題ですが、常に相手に「与える」事ができる人こそ大好きで、付き合いたいと常々感じます。

4人の親友の他、今深くお付き合いさせて頂いている方々は本当に利他精神の高い方々で、 今までどれだけ奢って頂いたか考えるだけで恐ろしいと思う方すらいます。

世の中何だかんだ言ってお金や贈り物で喜ばない人はいないわけで、 そこを否定する人は次元の違う金持ち以外は言う権利は無いと思います。綺麗ごとだと思っています。)

手前溝ですが、僕自身も幼い頃の母親の教育もあって、知人や初対面の方限らず遠方の人の所に行く時には必ず(100%)お土産を持って行きますし、

どこかに出かけた時には親しい人にはできるだけお土産を買って帰るようにしています。(ていうか手ぶらで行く勇気が無い笑)

 

で、毎々親友達と馬鹿飲みをする際にお土産を渡すととても喜んでくれるので、それを見て嬉しくなりますし、

気付けば相手からもお土産をもらえるようになって、何か素敵だなぁなんて思うわけです。  

去年海外駐在している親友達を出向いたときも至れり尽くせりでしたし、

昨年末やはり東京の親友達を訪ねた時も記憶が完全に飛んだまま楽しい時間を過ごす事できました。

今後死ぬまで彼ら以上の友人たちは存在しないと断言できます。

 

繰り返しになりますが、相手から何か「良いだろう物」を受け取って嫌と思う人はいないわけで、

今はお金は無くとも、自分なりに相手の好みとかを考えて選んで、

それを渡す習慣を今後も続けて行こうと思っています。 そして、お金や物ならずとも、

何か相手の知識になる事等目に見えないけれども役に立つ事を伝えられるようになるのが僕自身の最終目標です。

 

例えば赤の他人であればお金を取ってもおかしくない内容を親しい人には簡単にgiveしたいなと、そう思っています。  

]平静なうちにこのブログは〆る事として、これからひたすら焼酎お湯割りを飲み続けようと思います!  

 

 

 

編集後記:

 

 

 

今日は周防大島で開かれた第33回サザン・セト大島ロードレース大会のハーフマラソンへ参加してきました。

先月に続いてあいにくの雨で、僕の雨男パワーが影響してしまったようで恐縮に思います。

2014年に参加して以来3年振りになりますが、周防大島って改めて広いなと思いました。

で、何気にコンビニとかドラッグストアとか増えてて発展してるなぁとも。

正直ここだったら今の生活をほぼ維持したまま生活できる環境だなと感じてしまい、後で空き家を調べようと。(マジ)

さて、今回のラップはこんな感じでした。

 

     

 

ぎりぎり1時間25分切り…。ただ一応セカンドベストを出せたので安心しています。 特に後半足が攣りそうな予兆があり、

その間少なからずタイムロスをした中で 先月のタイムを多少ならずとも超えられたのはそれなりに満足しています。

先週土曜日は来週日曜日のトレランのコースチェック、翌日はスキーで筋肉が相当切れまくっている中で まぁ一週間で最大限回復できたのだろうなと。

風邪気味だったし、ほぼほぼ満足しています。

来週のトレラン30kmは最初から万全で行けるとは思っていませんでしたが、 出来得る限り歩かずに走るように頑張れたらなと思っています。