2019年の抱負~自分事として取り組む~

2019年が明けました。開けました、ではありません(念のため。)

昨日はニューイヤー駅伝、今日は箱根の後ラグビー大学選手権を観戦中~。

正月だなぁなんて月並みな感覚に陥っています。(酩酊しています。)

今も天理大学が帝京に12点差を付ける展開にびっくりしながら、

お湯と焼酎の割合が同じくらいになりながら書いております。

さて、新年ということで抱負とか目標とかを考えてみようかと思います。


新たなオフラインの環境へのフィット


去年も恐らく似たような事を書いたかもしれませんが、

今年も結果的には新しい環境に染まることになります。

ただこのように表現すると、我慢が足りない人間なのではないかと

思われるかもしれませんが、そう思われても仕方ないと思いつつ、

もしお時間に余裕があれば、2018年の総括~人と金~

をご覧頂ければ、去年歩んだ僕の状況をお解り頂けると思います。

(勿論、未熟な部分は多々あるのは分かっています。)


さて、話を戻しますが、今月から島で生活を始めます。

それは、一言では表せない感覚的な部分が強いです。

勿論、自分が食っていくことが大前提ではありますが、

ここ数年回天顕彰会に所属する中で頻繁に立ち寄る大津島という地を

肌で感じながら少しずつ感じていたことがあります。

この地には食事をする場所すらないのか…と。

情報収集したところ、過去何人も食事処を作った方はいたのですが、

やはり儲からない事が理由でお辞めになったようでした。

唯一、一昨年~去年の間レストランを開かれたていた方とは顔見知りでしたが、

ご病気でお辞めになったことを付け加えておきます。

まとめますと、観光客はおろか住民すら食事する場所がない事に違和感を覚え、

簡易的でもよいから作らないとおかしいのではと思ったわけです。

毎年回天顕彰会の主催する追悼式の際も、外部から弁当を準備して

遺族の方や関係者に手配りしているのですが、何かこう効率が悪い。

そもそも大津島に食事する場所があればそこを主体にすれば良いわけで、

普段大津島を訪れた人はdそれだけ不便だったろうかと考え至るわけです。

ぶっちゃけ僕自身、料理の道の人間でも何でもないです。

せいぜい1人暮らしでちょいちょい中華とか作るその程度です。

でも、そこにこだわっていたら何も前に進まない。

別に大津島でミシュラン級の食事を求める人なんていませんし、

最低限食事と飲み物(アルコール)があればOKだと思います。

これは僕がこ5年来商いをしてきた中で感じる事。

相手が求める事以上の何かを作る時間があれば、

もっとその相手に歩み寄ることを考えたい、そう思います。

自己満でオシャレなカフェとか作る暇があったら、

極端に言えば三輪車で飲料とかを運んで飲んらもらう方が価値がある。

まだ僕自身の完全な方向性は決めていませんが、

とにかくフットワーク軽く島民や観光客の役に立てればと

強く考えている次第です。

外国語のブラッシュアップ

かれこれ20年以上一応外国語を看板に歩んできました。

下手の手習いで全く満足できるレベルではなく、

いい加減専門であることを言う事すら憚られるほど…。

そんな状況を打破する意味でも、今年は島で過ごす中で、

敢えて外国語を極めようという意志があります。

長年オンラインで外国語を学んでいますが、

これはどこで過ごそうとも取り組めることなので、

一念発起、ペラペラレベルまで上げようと思います。

自分でいうのもなんですが、そこそこインプットはできているので、

アウトプットを最優先に日々努力しようと思います。

外国人に何ら不自由なく地元を紹介できる位迄にならねば!

プログラミングの習得

オンラインビジネスを5年以上営む中で、

プログラミングが僕のウィークポイントでした。

見よう見まねで書き込むことはできても、一から自分では作れない。

これを変える一年にしたいと思います。

自らのビジネス、大津島の紹介にしても集客をしないことには何の意味もない。

すぐには効果が出るものではない、中長期スパンではあるのですが、

地道に取り組んでいこうと思っています。

これからのグローバル社会、持つべきスキルの一つでもありますし!


新たなオンラインビジネスへの注力

今年はオフラインを重視する一方、

新たなオフラインいビジネスへも貪欲に取り組みます。

そもそもブログをかれこれ5年以上続けていて

何故それに取り組まなかったのか自分でも不思議です。

これも一朝一夕に結果が出ることではないですが、

地道に取り進めていこうと考えています。

さて、今回挙げさせて頂いた内容は全て自分事に繋がります。

つまり、相手に委ねるのではなく、自分で本気で取り組むこと。

この約2年、本意ではなかった部分もありますが、

他人に乗っかっている自分がいたのは事実です。

そんなのやっぱりうまくいくわけがない。

曲がりなりにも個人事業も5年目になる立場ですので、

改めて、まず自分でビジネスで結果を出すことを最優先に

草の根の業務をこなしていこうと思います。

編集後記:

もうすぐ約1年以上ぶりのフリーランスに戻れます。

怖がらずに前進していけば未来は見える!