「育てる」事と世話焼きの差異

先々月から子犬を飼い始めています。

僕自身楽観的な性格なので「どうにかなるでしょ」と思っていましたが、まぁ、どうにかなっています。

 

ただ、ペットショップの方からの忠告や書籍等から得た情報がとても貴重だと今でも感じています。

 

まず、必ず常に頭に入れておく大前提があります。

 

「犬中心ではなく、人間中心の生活を送る。」

 

そりゃそうだよと思った方も多いかもしれません。

では聞いてみますが、必要以上に犬をちらちら見ていませんか?

もしくは犬が泣く度に様子を見に行ったりしていませんか?

 

これに当てはまった方は、申し訳ありませんが犬中心の生活になっています。

では、何故これが悪いことでしょうか?

 

一言で言うならば、犬が序列付けで自分を一番上に置いてしまうことです。

そうなるともう手に負えません。俗に言う馬鹿犬として成長してしまうことは目に見えています。

よくいますよね。人や犬が通るたびに馬鹿みたいにほえる犬。もしくは全く躾が出来ていない犬・・・。

 

敢えて書きますが、これは犬が悪いんじゃなくて飼い主=人間が悪いわけで、

馬鹿犬と言われていると言う事はつまり馬鹿飼い主と言われていると認識すべきです。

 

勿論、反論もあるでしょう。自分が好きで飼って可愛がって何が悪いかと。

ではまた聞きますが、そんな犬を散歩させて他の犬とうまくコミュニケーションを取れていますか?

きちんと飼い主に沿って歩けますか?

 

恐らく無理でしょうね。で、そういう人に限って狂犬病とかの注射を疎かにしたりうんちをきちんと持って帰らなかったりするんです。

 

犬を飼うことは、その家庭だけで成立することではなく、社会性の側面が大変重要であるということを

踏まえなくてはなりません。時には叱り付け、時に無視をする等多少罪悪感を覚えるようなことでも行わなければなりません。

それはその子のことひいては自分自身にも跳ね返ってくるわけですから。

 

これは言うまでもなく人間同士にも置き換えることができます。

タイトルにあるとおり、世話焼きというのは僕に言わせれば害悪です。

世話を焼いている本人は「やってやっている感」で一杯なのでしょうが、有難迷惑とはこの事を意味すると思います。

何が問題かというと、世話をされる立場が自力でやるべきことをも奪ってしまうことになり、

ひいてはその成長を止めてしまい得るからです。

丁度僕の父親がこのタイプで、頼んでも無いのに勝手にゴミを捨てたり(一緒には住んでいません)します。

あとは部屋を微妙にいじったりと何を考えたらそういうことが出来るのか不明な行動を多々犯します。

直接言うと逆ギレされ、これまで何度も修羅場になったか分かりません。

僕は病気を持つ母親がいるので近くに住んでいますが、近い将来下松市内の島(笠戸島という名前です。)に移住しようかと思っています。

ふるさと大使になったこともあるので、よりリアルに市の良いところを伝える上で住むこと自体悪いことではないと思っています。

かなり私情が入ったのでこれ以上は書きませんが、要するにお節介=世話焼き=過干渉というのは何かを教育することとは根本的に違っていて、自己満でしかないというのが僕の持論です。

そして往々にして自分自身が満たされていない人が他人に干渉する傾向にあることも付け加えておきます。

編集後記:数年前からTPPへの加入で日本国内も揺れ動いていますが、日本の農業もまさに日本政府による過干渉で地力が残っていない状況だと感じます。

海外産の安い作物と闘えるのか多くの方が不安だと思いますが、僕は大丈夫だと思っています。

大量生産された輸入農作物がどれだけ体に害があるかを知れば、普通の日本人は買うのを躊躇うだろうと思うからです。

逆説的に言えば、僕達消費者がもっと自分達の食べるものに頓着しなければいけないとも思います。

また次回にでも世界で起きている穀物や家畜等に関してアプローチしたいと思います。