遺伝子検査の結果を経て

先日受けた遺伝子検査の結果が出ました。

WS000001

改めてこの検査の主目的が何か。以下のように書かれています。

//DearGeneは唾液から抽出したDNAを解析し、同じ遺伝的な特徴を持つ方々の平均的な病気のなりやすさを数値化した、一種の傾向をみるサービスです。このような傾向を知ることで、生活習慣の改善のきっかけとしてご利用いただくことを目指しております。

尚、病気によっては、特定の遺伝子が原因となって発症する家族性の病気(単一遺伝子疾患)がありますが、DearGeneでは家族性の病気に関係する遺伝子は解析対象としておりません。予めご承知おきください。//

生まれ持った性質がどういった病気(この場合は癌のみですが)に罹りやすいかという観点となるわけです。

今が健康ということは全く別問題と言えるでしょう。僕の場合、胃がんと胆のうがんの確率が高いようで、胃がんに至っては約20%。

つまり、同じような遺伝子の人だと5人に1人が癌になってしまうことを意味するわけです。

さて、果たしてこれを高いと見るか低いと見るか・・・。この点は何かより客観的な指標が必要なようにも感じます。

とはいえ、生活改善により気をつける契機とすることはできるでしょう。

ただ、そもそも今その病気でないという中、どこまで自分に危機感を持てるかは価値観になってしまいます。

なので、この遺伝子関連のビジネスというのは良いも悪いも未知な部分が多いのかなと思ってしまいます。

今回利用したプランが5000円。もっと高いサービスもありますので、折を見てまた調べてもらおうと思っています。