「FM」ラジオの存在価値

以前も何度か書いたことがあるかもしれませんが、僕は人一倍ならぬ二倍位ラジオが好きです。 小学校から中学生の頃はオールナイトニッポンやアイドルのラジオ聴きたさで AMを中心に聴いていましたが、その後はほぼ東京FM系列にはまってきました。 大学時代に上京していた際もわざわざラジオ付のウォークマン(古)を買って、 都心へ遊びに行く際に京王線の中で80.0を聴きながら癒されていたことを思い出します。 地元に戻った今も当時から聴いていた番組を好んで聴いていて、長寿番組万歳と心から思っています。 さて、そんなラジオ歴20年を超える僕が考えるFMラジオに必要な要因を記してみたいと思います。  
1. オシャレな選曲
  まず、ここが一番重要だと個人的に思っています。 DJがしゃべり続けているのが良いという人もいるでしょうから、そういう方はAMが宜しいでしょう。 何故AMと分けたかと言うと、電波方式が異なる為AMでクリアな曲を流すのは物理的に難しく、 敬愛する達郎さんの「最高の選曲と最高の音質」はFMでしか実現できないわけです。 R&B等メロウでオシャレな曲をFMで聴きたいというリスナーの要望は大きいという思うのは、 番組欄を見てもそういう内容が多いのと、一番組内でもそういった曲がチョイスされることが多い為です。 CDはおろかレコードを持っていないし、You Tubeにも無いようなレアな音源を聴きたいと思ったら やっぱりそういう曲を流すことができるラジオ番組を求めるのは必然だろうと言うわけです。 逆に言えば、未だにJ-POP等どこでも流れているような曲を中心としている番組は(その歌手の番組を除いて) それほど強い支持を受けていないのではないかと推測します。  
2. リスナーとの双方性
  一昔前はハガキ、電話、少し前はFax、メール、そして今ではTwitterと 時代の流れに合わせてリスナーによる投稿方法は変化してきました。 様々なラジオを聴いていると単にリスナーの声を受けているだけの番組と 本当の意味で繋がっている番組とにはどうも違いがあると感じます。 それは例えば、番組の編成に合わせて作為的にリスナーの声を加えているのに対して リスナーの声を活かして番組が作られているという違いとでも言えるのかもしれません。 メールとかTwitter募集中なんてDJが呼びかけている番組を耳にしますが、 単に数を増やしたい魂胆が垣間見えることも多々ありますよね。 敢えて言うまでもありませんが、僕が好んでいるのは後者であり、前者は暫くして聴かなくなります…。  
3. 緊急時の迅速な情報伝達
  ラジオは基本生放送であるべきだと思っていて、これは緊急時に如何に情報を 迅速に伝達するかが存在価値の1つだと思うからです。 勿論、「生放送の途中ですが」の下りで途中でニュースに切り替わるわけですが、どこか白けてしまいます。 とはいえ、どういう形であれ迅速に現状を詳しく伝えてもらえることはとりわけ災害時等では重要なことであり、 停電では機能しないテレビにはできない力がラジオにはあります。  
4. 一定要素としての地方性
  都心に住んでいたのは約10年なので、今のところ地方に住んでいる時間の方が長いです。 地方らしさっていうのは良い部分も悪い部分もあるというのが僕の持論で、 それは、過度にならない程度の地方性のさじ加減こそが大切だと感じています。 方言連発の番組や地方感丸出しの番組は正直FMには似つかわしくないのではと思います。 そういう番組でオシャレな洋楽が流れてもcoolじゃないよなって言わざるをえません。 どうせなら、何となく番組の中で企画を分けるのではなく田舎丸出し番組を1つどこかに挟む方が なまじましではないのかと思うほどです。(僕は聴きませんが。) ただ、地元のお得情報等有益な内容もあるので、それはそれで上手く織り込む必要はあるのでしょう。 まぁそういうのはAMに任せても良いような気がするんですけどね。(AMがダサいなんて言っていませんよ!)   編集後記: 東京FM系列をずっと聴いてきたのですが、ここ最近はコミュニティFMに切り替わりました。 達郎さんや安部礼司等一部のTFMの番組は聴いていますが、ほぼお引越し状態です。 music birdの魅力的な点は、洋楽企画がとにかく多いのとDJのスキルが高いことです。 例えば毎日夜22時からON AIRされている大西貴文さんおThe nightはドハマりです。 際物?のところでは謹訳 源氏物語の少し不気味なBGMも気に入っていたりします。 ちなみに毎朝6時からMorning communityという番組が放送されているのですが、 DJの橘しんごさんは僕の母校の大先輩だったことに驚いてしまいました。 そして思わず初メッセージをしてしまい、見事に読んで頂いて嬉しく思いました笑 今後もちょくちょくメッセージやリクエストを送りたくなりました!