「恋」をすることの大切さ

3連休の中日の日曜日、皆様充実した時間をお過ごしの事と思います。 部屋でリラックスするのもよし、友達と飲みに行くのもよし、家族サービスをするのも素敵ですよね。 自分の時間ですから、どんな風に使ってもそれはとても尊い事で、他人がそれをどうこう言う権利は無いと思ってます。 とはいえ、僕のような30過ぎの独り身の男が1人で過ごす生き方は社会的に見て何となくちょっとどうなのかなと 自己批判まではならずとも疑問に感じ始めているところがあるのが正直な気持ちです。   単刀直入に言うと、そろそろ落ち着かないといけないのかなと本気で思い始めています。 正直なところ、こういう気持ちにもムラがあって、時には1人の生活の気楽さを体感する時もあり、 また時には寂しさだったり虚しさのような感情を抱くことがあります。   ただ、やっぱり思うことが一つあって、血縁関係のない人間と日々を過ごすことで得られる新たな価値観って必要なのかなと。 小難しく書いてしまいましたが、要するに独りよがりではない真人間として生きていく為には、 人を好きになって、そして結婚することが重要なファクターになるのだろうと考えるようになっています。   このブログは一般公開してはいますが、Facebook等にリンクしていない為、閲覧してくださっている方は殆どオンラインの方々です。 なのでぶっちゃけ(たほどでもないですが)ますと、最近久々に好きな人ができました。 何となく「いいな~。」とか「興味あるなー。」と言った感覚を抱いた方はここ数年何名かいましたが、今回は結構本気な気持ちを抱いています。 何というか、こういうタイプの人だったら長く居ても合うだろうなっていうのが何というか感覚的に感じるところがあって 勿論これは僕目線なのでその方がどう思っているかは知る由もありませんが、密かな恋心を抱いているわけです。(いい歳して…。)     kkrxkpio   何か、上手く言葉で言えないんですけど、人を好きになる事ってある種の「癒し」のような感覚があるような気がしています。 たまにしか出会える機会は無くて、実際未だに連絡先もきちんと交換できていないような関係なんですけど、 ふとした時心が落ち着くような感情を覚える時があって、これってとても幸せなことだと感じます。   また、僕自身個人事業を営んでいることもあって、人と繋がる機会があまり多くはありません。 それを払拭する為に回天顕彰会やボーイスカウド等のコミュニティへ参加させて頂いてはいるものの、 良く言えば居心地の良い環境で、逆に言えば未熟な僕をひねりつぶすような存在はいません。 勿論、そういう人間はいないに越したことはないのかもしれませんが、一方で自分を見つめ直す為には 時には必要な事もあるように思うわけです。   無論、殊更に貶すような人間を恋人あるいは奥さんにしたいとはこれっぽっちも思いませんが、 一定の提言というか批判的見解を述べてくれる人間が存在することは必要なのかなとも感じています。 鬼嫁でもいいんじゃないかな笑   もうすぐ12月がやってくるので、それまでに何かしらのアプローチをしようと画策していますが、 まぁ、ダメでもともとの精神なら怖いものはないので、当たって砕けてこようと思っています!   編集後記: 来月2回目のフルマラソンへ参戦するのですが、景気付けに新たにシューズを新調しました。     「On」という海外ブランドなのですが、クッション性とデザイン性の高さに惚れて即購入! 18,000と少々お高い値段でしたが、今日軽く試走して「これはいい!」と感じました。 他のランナーのレビューによると、体重が重い人の方がよりシューズの弾力性を感じることができるようで、 確かに足を包み込んでくれるような感覚を覚えました。 また、フルやトレラン、ウルトラマラソン等Long distanceに適したシューズであるようです。 個人的には、何よりこのブルーとオレンジのコントラストが映えるなぁと思っていて、 大会当日どういうウェアで走ろうか今から少し楽しみです!目指せ3時間15分切り!!