レフリングとスポーツ

スポーツにはレフリーは欠かせないのは自明の理ではあります。

ただ、そのレフリングが却って勝負をおかしくする場合があるのも事実だと思います。

例えば野球でいうならばボールに見える球をストライクと判定する主審。

一度ならまだしも連発すると色々勘ぐってしまいたくなります。

丁度今ホークスと巨人の試合を観ているのですが、2回連続でボールをストライク⇒アウトと宣告していました。その後その審判はばっちりカメラに数秒映されていたので、そういうことでしょう。

野球以外でよく審判絡みで問題になるのは、スケートや柔道があるかと思います。

それらのスポーツは審判の目ありきで勝負が決するわけで、よりシビアで無ければならないはずです。それが往々にして疑問を感じざるを得ない結果があったりするわけです。

単刀直入に書くと裏取引ありきの戦いが現実に行われているのでしょう。

最近サッカーでもW杯絡みでそういう汚い行為が行われてるニュースが報道されていました。

サッカー、陸上、ラグビー等スポーツと関わりが深い人生を送っている身とすれば、

まさに言語道断だと強く思います。

スポーツにおける勝ち負けに掛ける想いはその当事者だけしか分かり得ません。

苦しい練習、厳しい減量、勝つために死ぬ気で頑張っている選手のことと思うと、第3者に当たる人間がそれを評定することがどれだけ重要なことを本当に分かっているのか、僕には心から疑問を感じます。

「中立」というのが審判のあるべき姿。これは絶対に変えられない事実です。

バランス感覚が無い審判は絶対に会ってはならず、「人間だから」とかそういう妙な擁護は一切すべきではないと思います。それをもし許すのであれば、人間の審判を全て排除して全てロボットに代用すべきだと本気で思っています。

野球で言うならばこのコースは全てストライク、ここからはボールと予め入力しておけば何も問題ないわけです。あるいはスケートであれば3回転の水準や振付等も基準を定めた上でロボットにインプットさせれば良いでしょう。

でも、そのような動きは今のところ見えません。今後もそういうことがあるとも思えない。

やはり人間のスポーツは同じ人間が審判するからこそドラマになるということだと思います。

甲子園の最後のストライク。ラグビーのインジャリータイムのラストワンプレー等

審判が下すその動作に観客は釘付けになる。本当にそうだと思います。

これをもしロボットがするようになれば、きっと味気ないものになってしまうだろうと感じています。

だからこそ、それぞれのスポーツの審判団には常に中立であって欲しいわけです。

試合途中のミスジャッジが許されると決して思いません。

勿論、ラグビーなど密集付近でかなり分かりにくい判断はあると思います。

でもそういった場合であれば他の人間も微妙だと思うので、そこまで気にしないだろうと感じます。

僕が言いたいのは、選手、観客等他の人が明らかに違うと思っているジャッジをまかり通そうとする事です。

審判が一番偉いのではありません。選手が一番偉いのです。そこを履き違えている審判もたまに見受けられますが、彼らのジャッジを第三者が判断する機会を設けることがスポーツ界のレベルアップに繋がると個人的に感じています。

繰り返しになりますが、審判の判断に従うというのがスポーツマンシップなのであれば、彼らの水準ももっと上がるべきと断言します。

 

編集後記:

僕は普段そういう審判と無縁なマラソン(ハーフですが)を趣味の一環にしています。

今日は久々に10kmのビルドアップ気味のペース走をして、目標をクリアできました。

だいぶ余力が残っていたので、次は更に上を目指せるかなと感じています。

再来月20kmのレースに参加予定なので、これからもっと走りこんでいこうと思います。

 

IMG_3905