ラン前後のストレッチの大切さ


走ることの目的は自身の肉体改造にほぼ集約できると考えています。

走り始めると予想以上に結果が出るのも早く、

スタートして日が浅い時期はモチベーションが高い方も多いと思われます。

けれども、ふと足のダルさを感じたり思ったように足が前に進まない時期も訪れます。


これは何だと思われますか?

「疲労」です。当たり前や!と思われた方が大多数でしょう。


でも、疲労が残る走り方、というか終わらせ方をしているが故に

翌日以降に疲労が残ってしまうわけです。

その疲労が蓄積するといずれ怪我を誘発します。



というわけで、その疲労を極力残さない為のストレッチに関してお話していきます。

巷にはありとあらゆるストレッチ本がありますので、

具体的な内容に関しては割愛させて頂きます。

ここではどの部位により注意すべきかをお伝えしようと思います。

そもそも、ストレッチを行うことで筋肉がほぐれたり、関節の可動域が広がったりします。

運動をする際、足にかかる負担は体重の数倍ですので

筋肉や関節が硬いと故障しやすくなります。



さて、一番気を付けるべきなのはアキレス健です。

akipic2

僕自身はアキレス健の怪我をしたことはありませんが、

過去周囲で「ぶちっ」という音=健の断絶を聞くことは何度かありました。

想像以上に簡単に切れやすいのがアキレス健で、

治療をしても元通りに繋がるのは難しく、下手すると怪我の繰り返しになるかもしれません。

ランニング前にアキレス健を伸ばすだけで充分な意味がありますが、

伸ばしている最中に小刻みな上下の動作はせず、

伸ばしっぱなしにした方が良いです。

上下に動かすそれだけで健が傷つく場合もあるからです。



次は足首です。

 

e2bba6bf

これは僕の捻挫の経験に起因するのですが、

この部位程治りが悪い箇所は無いと思います。

走る前に回すだけで効果はありますが、走り終わった後のケア、

例えば冷やしたりすることの方がより大切です。



僕自身最初痛めた時は本当に軽度だったのですが、

ちょっと無理をして運動し続ける中で徐々に悪化してしまい、

最終的には歩くのにも痛みを伴うようになりました。

日常生活を行う中捻挫位で全く動かないというのは不可能かと思いますが、

出来る限り不必要に動かさずに安静にすることが必要だったというわけです。

ちなみに捻挫が悪化すると靭帯損傷になります。

こうなると更に治りは悪くなり、手術するケースもあります。



最後の3つ目はふくらはぎ周辺です。

calf

これも最近僕が痛めた箇所なのですが、最初に痛みが出た時の処置が大切で、

すぐに冷やす必要があります。

これで痛みが改善すれば良いですが、そうでなければ今度は温めて、

また冷やしての繰り返しが必要になります。

ただ、冷やすことと温めることの基本としては、

怪我をした直後はとにかく冷やし、

慢性的な痛みになりつつあれば、温めることも含めるといったところです。

これは他の部位のケアにも言えることです。



ちなみに僕がふくらはぎ周辺を痛めた際、

臨床検査技師の方にマッサージ等を施して頂いたおかげで、

最初の激痛が劇的に改善されました。原理はよく分からないままですが、

痛みの位置をずらして分散させたということでした。

勿論自身の日々のケアが一番大切ですが、それでもちょっと疲れたなと感じるときは、

彼らのような専門家のお世話になることも良いことだと感じています。