インバウンドツーリズム~外国人への接し方~

まず初めに、結論というか私の持論を申し上げると、日本人の英語力は極めて低いことを伝えておきます。こういうことを言う理由を今から述べていきます。

学んだ英語が全く実用的ではないということ。これまで10数か国の国を訪問してきましたが、どの国の人もこちらが求めることに対する答えを返してくれました。勿論、英語圏の国は当然かもしれません。また、全員が全員話せるわけじゃなく、貧困層は全く話せない国もあるのは事実です。

ただ、1つ言いたいのは、繰り返しになりますが、日本の英語教育は限りなく無駄だと思います。異論がある方もいるとは思いますが、敢えて聞きます。文法なんて学んだことが今に生きていますか?その割には発音の時間がとても短くて、明らかに軽視されていました。でも、明らかに伝わらない発音程コミュニケーションに支障が出ることはないのではと思います。

僕は大学時代中国語を主専攻で学んでいました。第二外国語ではなく、外国語大学だったので当然かもしれませんが、発音に掛けられる時間は相当なものでした。確か発音だけで3か月位費やされたように思います。確かに英語より発音が肝であるのですが、本来外国語を学ぶ上で発音というのは大切なキーだと思います。

更に、ほぼ無意味な英語の文章を学ぶのではなく、例えば商売とかもしくは歴史、法律等各人が少しでも興味を持てるような内容でないことも疑問です。難易度に差が出るかもしれませんが、日本語で読んでも興味を持てないような内容を英語で読んで何が楽しいのか、どれだけ自らの血となり肉となるのか甚だ疑問です。これこそまさに実用的ではない英語教育の象徴ではないでしょうか?

それを踏まえて今回のテーマの話をするのですが、なぜか日本人は訪日してきた外国人に対して英語を話そうとします。海外旅行をする時には日本人だけでかたまったりする割には、何故なのでしょう?相手に気を使っているつもりなのか、はたまた自分の英語力を試そうとしているのか…。

僕に言わせれば、極めてナンセンスです。外国人はわざわざ日本を知りに来ているのに、何故にわざわざPoorな英語を聞かされて会話をしなければならないのかと。ある意味彼らへの侮辱に等しいと思います。

「郷に入れば郷に従え」。誰でも知っている言葉です。けれども、それを「郷」にいる側が破っているようでは、本当の意味でのWelcome to Japanにはならないのではと心底感じています。100歩譲って英語が話せる人であれば、慣れない土地で不安な外国人を安心させられるでしょうが、「この日本人にこにこしてるけど何言ってるか分かんないな。困ったな…。」ってことは目に見えるわけです。

 僕は海外とのビジネスを今後もしていくので、語学力はどれだけ高くても良いという立場にいます。そして現時点でも決して満足できる水準ではないので日々精進ではあります。ただ、必ずしも全員が外国語を学んで意味があるのかは常々感じていて、小学時から英語教育必須にするのだったら、選択制にして英語を本気で学びたい人とそれ以外の教科に時間を充てたい人等選択肢を設けるべきだと思っています。これこそ少子化が進む中で、大人側がすべき子供に対する導きではないかと。

「グローバリゼーション」という言葉が生まれて久しいですが、全員が全員それに関わるわけはないですし、その必要はないと思います。それを無理やり国民に押し付けたところで期待するほどの成果が上がるのでしょうか。

そういえば楽天の英語公用化は最近どうなっているのでしょうか。話題にもならないので上手くいっていることを願いますが、少なくとも楽天がAmaoznやアリババのように世界でのポータルサイトに成長はしていないようですね…。